1人目の子どもの産休から断捨離のたびに出品し続けているメルカリ。

出品数198のうち128販売できているので、まあまあメルカリヘビーユーザーといっても過言ではない私。

我が家の玄関が狭すぎて窮屈だったこと、捨てるのにも粗大ごみ料金がかかること、から思い切って1台目のベビーカーをメルカリに出したところ一瞬で売れました。

CombiのめちゃかるハンディA型ベビーカーなので、ぎりぎりらくらくメルカリ便(=宅急便)で送れると思い込み、発送方法を「らくらくメルカリ便」と

指定していましたが、いざヤマト配送センターに持っていくと「大型メルカリ便」でないと送れないサイズだと言われてしまい、

発送するにあたり、なかなか苦労したので備忘録も兼ねて、注意点を表記したいと思います。

売れてから「大型メルカリ便」に発送方法を変えることはできない!

そもそも今回発送するのに手こずったのは、売れてからの「大型メルカリ便」への発送方法の変更ができなかったからです。

出品時に「大型メルカリ便」と設定しておく必要がありました。

大型メルカリ便 と メルカリ便 の違い

両者の違いはサイズです。

大型メルカリ便⇒タテ×ヨコ×高さの3辺の合計が200センチを超える場合。送料は200~250未満で全国一律4,320円。集荷時に梱包してもらえる。

メルカリ便⇒3辺の合計が最大でも160センチまで。160センチ以下の場合送料は全国一律1500円。梱包は自分で。

そう、今回の商品、CombiのめちゃかるハンディA型ベビーカーは明らかに160を超えていたので、ヤマトの配送センターに断られてしまったわけです。

3辺の合計が160~200の商品を大型メルカリ便で発送するのは、お金がもったいないなあ・・・。
160~200の場合は、手間だけどヤマト便を使うのがベストなんだな。
発送するのに選択肢が2つありました。
①購入者に同意をもらい取引をいったんキャンセル⇒再出品(大型メルカリ便と設定)⇒再度購入してもらう
メリット:梱包しなくていいし楽。
デメリット:同意をもらうために購入者とやりとりをするのが疎ましい。送料が高い。
②自分で梱包してヤマト便で発送
メリット:購入者とやり取りしなくてよい。
デメリット:自分で梱包しないといけない。
梱包後200を超えていたら、ヤマト便で送れないので、佐川急便の飛脚ラージサイズ宅配便(260まで)で集荷申し込みをしないといけない。2度手間3度手間になる可能性あり。
とにかく購入者と揉めたくない一心で、②を選択しました。まあ、かなり手間なので暇な育休中だからできた選択肢です。

マンションに住んでる場合は、梱包に必要な段ボールはゴミ置き場から調達!笑

日々のネット通販で段ボールは常に邪魔な存在なはずなのに、いざ必要なときには適当なサイズの段ボールが無い!ってことありませんか?笑

そんなときは、マンションに住んでいるならゴミ置き場から適当なサイズの段ボールを探してみましょう。

0歳の娘をおんぶしながらゴミ置き場をあさっていると、マンションの管理人さんや掃除の方など、意外と優しくて一緒に探してくれたりします笑。

あとは近所のドラッグストア、スーパーからも喜んでもらえるはず。

A型ベビーカーのベストな梱包方法は段ボール箱(60×40×40)の2個重ね!

もちろんベビーカーのメーカーによりますが、CombiのめちゃかるハンディA型ベビーカーは、段ボール箱(60×40×40)の2個重ねでジャストでした。

60×40×40の段ボール箱は引っ越し時、小物をしまうのに1番使う箱の大きさですね。

ベビーカーの梱包

ベビーカーを梱包してみた

あーヤマト便(上限200)で送れないかもな・・佐川急便でまた集荷依頼しないといけないのかあ。。手間だなあ・・・

心の中で半ばヤマト便で送るのをあきらめつつ、なんとかヤマト便で送りたくて、ヤマト配送員の方にお涙頂戴作戦で、娘をおんぶしながら

必死で梱包していたのですが、サイズを測ったところジャスト200!

ということで、ヤマト配送員の方に「まあいいか、これなら。」と言っていただけたので、ヤマト便で送ることができました!!あー良かった~!!!

まとめ

大きめのモノは出品時に必ず計測すべし。それから梱包は、6面(上、下、側面)を箱で覆っていないと発送を受け付けてくれません。

なので、無理やり袋に入れてガムテープでぐるぐる巻きはNG。シンプルに段ボール箱2個重ねできる、適当なサイズの段ボールを探しましょう。

3辺(タテ、ヨコ、高さ)の合計が60-160までならメルカリ便、160-200ならヤマト便、200-260なら佐川急便の大型飛脚便、260-ならばメルカリ大型便を選択しましょう。

利益よりとにかく楽な方法が良い!という場合は、160以上のものは出品時に大型メルカリ便を選択しちゃいましょう。そうすると梱包も集荷時にやってもらえます。

ちなみに大型メルカリ便で自分が選択したサイズ<集荷時に計測されたサイズの場合は、不足分の差額は売上利益から自動的に引かれますが、もし売り上げ利益が0の場合、

不足分の差額は、メルカリが負担してくれるようです。

 

 

 

 

 

おすすめの記事